*All archives   *Admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2008.04.05 (Sat)

入院していました


みなさまこんにちわ。
顔の傷痕はバッチリ残りそうなキャプテン光秀です。

またまたかなり放置していました。




実は我が家の女王様、光秀様が入院しておりました・・・・・・




卵詰まりが原因です。


女の子の鳥さんを飼っておられる方ならご存知の通り、卵詰まりは親鳥の命を落とすこともあるとても恐ろしい病気です。


卵が詰まったまま12時間以上たつと、卵と卵管との癒着、卵が内臓を圧迫、血流がとまり内臓の細胞の壊死等で最後には死に至ります・・・。



しかも光秀には卵が普通ではありえない2個も詰まっていました


自分で産むことができればよかったのですが

陣痛促進剤を打ってもらったにも関わらず、ひとつも自力で産むことができませんでした。


最後の手段として外的処置(人間の手で腹部を圧迫し卵を押しだす行為)をすることに。


でも この外的処置で命を落とす危険がかなり高いと言われました。

卵2個の負担は相当だそうです。





もう目の前が真っ暗になり、飼い主の私にできることといえば、獣医師の先生方に任せ、祈ることだけでした



獣医師が3人看護師が2人かかりので獣医師2人看護師3人だったかもしれない・・)

処置が始まりました。


毛布にくるまれ鳴き叫ぶ光秀



もしかしたらこのまま光秀が死んでしまうかもしれない・・・・・!!


光秀が居なくなるという恐怖で体がすくみ・・・


私の精神状態はどん底に・・・


でも光秀の無事を確認するまで絶対頑張るんだと、ひたすらそれだけを思い、耐えました。


大丈夫。光秀は絶対元気になって家に帰れる。

家に帰ってまた一緒に遊べる。


可愛いしぐさを見せてくれる。






卵の1個は無事 先生方の手によって排出されました。


2個目は排出が無理だったため、卵管の中で卵を壊し、中身だけ吸引。


卵殻はそのまま卵管に残ってしまったものの、とりあえず処置はそこで終了。



処置が終わった時点では光秀は弱りきっていたものの・・・無事でした。





よかった・・・・

本当によかった・・・・




しかし


その安心は一瞬だけでした。




処置が終わった後1日から2日が一番危険だと言われ・・・・・



圧迫がとれたことによるショック状態で亡くなる可能性があると・・・




事実、卵が詰まっていたときより、光秀の状態はかなり悪かったです。



呼吸は異常に早く・・・目も開けられず・・・・

声をかけても反応がなく・・





卵管のなかに残った卵殻も自力で出さなければならず・・・・・・




当然そのまま入院となりました。




診察時間内は面会自由だったので、午前の診療時間中ずっと光秀のそばにいました。



午前の面会時間が終わり・・・泣く泣く光秀を置いて病院を後に・・


そしてダーの提案で神社に行き、無事に元気に家に戻ってくることを祈願してきました。

お守りをもらい、とりあえず自宅待機となりました。



午後の面会時間まで光秀のいない家の中で辛い時間を過ごしました・・・



涙があふれ、光秀のこと以外何も考えられず・・・



午後の面会時間に光秀に会いに行くと




先生の顔が明るかった。



光秀担当の獣医さんは女性の方なのですが


けわしい顔しか見たことがなかったのに、少し笑顔になっていました。


その笑顔に期待した通り



光秀を見ると、午前のときより少し元気になっていました!


光秀の好きなご飯も入れてもらい、それをついばんだりして、呼びかけにも反応したり・・・



よかった・・・・


先生の話によると、このまま状態が悪化しなければ大丈夫だそうです。



明日には家に帰れそうですね。 とも。



嬉しかった。





次の日、光秀に会いにいくと自力で無事に卵殻も排出し、
(光秀がんばった!!)


かなり回復したので、


このままお家に連れて帰っていいと!!!



獣医師の先生や看護師の方にお礼を言い、光秀にもお礼を言わせ(言わないけど)

はずむ気持ちで光秀を抱き帰路につきました。


病院から自宅まで車で40分かかるのですが、帰りの車の中で光秀をいっぱい可愛がりました。




この子が生きていてくれて本当によかった・・・



光秀は私にとって大事な大事な子供なのです。






でも


安心したのもつかの間・・・



自宅に帰ったのはよかったのですが


卵を作らせないため、環境を変えたんです。




その環境の変化で今度は食欲減退で体重が激減・・・・



また病院のお世話になりました。



強制給餌と抗生物質の注射・・・




まだまだ光秀の状態は良いとはいえませんが、今は自宅の環境に慣れてくれるのをひたすら待つのみです。


環境に慣れ、食欲が戻ったとして、体重は元に戻るのに1か月はかかるそうです。




でも、相当危険な状態からここまで回復してくれたこと・・・獣医師の方々に感謝いたします。



光秀も頑張ってくれてありがとう・・・・


生きる気力を失ったら鳥さんは簡単に天国に行ってしまいます。



そして、いつも嫌われて噛まれるくせに光秀のことを大事に思い、

私を支えてくれたダーに心から感謝しています。


仕事のはずの大事な時間を光秀と私のために割いてくれ・・・

本当にありがとう!


光秀は元気になればなるほどダーを噛むけど 許してあげてね!




長い追記となりましたが・・・

最後まで読んでくれ、ありがとうございますm(__)m
スポンサーサイト
14:37  |  その他  |  TB(0)  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑

光秀女王がんばったね(ノω`)ヽ

なんかもぅ読んでて泣きそうでした
大変な光秀様とやさしいダーと
光秀様を思う光秀ちゃまの気持ちに。。。
また元気に怒ってる光秀女王の写真を楽しみに待ってます
お大事に
ミァ |  2008年04月05日(土) 19:48 | URL 【コメント編集】

光秀嬢、お疲れ様。。。
私も東京在住時に同じような経験をしたので涙なくして読めませんでした(;ωノ|柱|。。。
(うちのはネコだけど。。。)
でも死ぬような手術をしたけれど、15歳の今でも元気ですo
きっと光秀嬢もスグに良くなるYO(*´ω`人)+゜
まずはゆっくり光秀さん自身も休んでくださいねo
ワトコ |  2008年04月05日(土) 20:59 | URL 【コメント編集】

★光秀さまへ。。。

色々と大変でしたね(;_;)

私も小さい頃、
セキセイインコ、十姉妹、文鳥、雀と
たくさんの小鳥達を飼ってきましたので、
状況が思い浮かびます。

あの小さな小さな身体は
自らの本能と飼い主の愛情のみで
生きているのだと思います。
小鳥も人間と同じで
一気に元気にはならなくても
焦らずに…。
だんだん暖かな季節にもなりますしね。

光秀ちゃんはちゃあんと判っていると思います。
想いは伝わっていると思いますよ!

またやんちゃな光秀ちゃんの写真のUPを
楽しみにしてます。

光秀さまもちゃんとご飯を食べて
元気を充電してくださいね!!!

P.S. 近々ウチの子になったブライスちゃんをお披露目します♪♪♪お暇な時にまた遊びにいらしてくださいませ。

アリス★ |  2008年04月06日(日) 01:44 | URL 【コメント編集】

こんにちわ。

光秀ちゃん、今頃頑張っているでしょうね。
きっときっと光秀さんの思い、たっぷり伝わっていると思います。
心で応援していること、みんなみんな分かるんですよね。

光秀さんのもどかしい思い、心配な気持ちよく分かります。
一緒に暮らしている子たちはみんな大事な家族ですものね。

一日も早く良くなりますように。
心からお祈りしています。

光秀さんも体調を崩してしまうことのないように。。。

光秀ちゃんが早く良くなって、神社にお礼参りに行く日が必ず来ますように!!!
coco☆ |  2008年04月11日(金) 10:39 | URL 【コメント編集】

こんにちわ.光秀さん少しは落ち着きましたか…?
どうお声を掛けてよいか分からず
覗くことしか出来ていませんでした。
申し訳御座いません。

私は鳥を飼ったことが無いので分かりませんが
我が家にもペットが居るので
苦しいお気持ちは本当に分かります…

ホント、光秀チャンの生命力は計り知れないですね。

お疲れ様でした 光秀さんご一家
彌頤娜-yaina- |  2008年04月15日(火) 15:52 | URL 【コメント編集】

コメントをくださったみなさまへ☆

お久しぶりです!
お返事がおそくなってしまいごめんなさい。

光秀への励ましの言葉とご心配の言葉の数々
ありがとうございましたm(__)m

光秀は元気に過ごしておりますが、
体重が一向に増えません・・・・・・
そのため、時間が許す限り、そばについてご飯を食べさせている毎日です(+_+)

みなさまの暖かい励ましの言葉、
本当に感謝感謝です(*^_^*)

ネットから疎遠になりつつありますが、ブログの更新も頑張りたいと思いますので生暖かい目で見守ってやってくれると嬉しいですm(__)m

まとめてのコメントのお返事失礼いたしましたm(__)m
光秀 |  2008年04月26日(土) 16:17 | URL 【コメント編集】

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://mituhiderot.blog123.fc2.com/tb.php/62-64b4d635
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。